2018年9月20日 (木)

三ノ沢岳へ行って来ました

9月18日(火)晴れ
天気も良かったので、紅葉を期待して行きましたが、紅葉はまだ少し早く夏の日照りで葉が枯れて余り綺麗ではありませんでした。
天気は快晴でトレッキングには最高でした。
以前には何度か登り、十数年ぶりに今回登りましたが大変でした。以前登った時にはそんなに大変と思わなかったが、やはり歳かなとつくづく感じました。
登山者は少なく静かで、ゆっくり楽しみながら登るにはいい山です。

「行程」
千畳敷(0:45)極楽平(2:20)三ノ沢岳山頂(2:30)極楽平(0:30)千畳敷

Conv0001 Conv0002
千畳敷        
Conv0003 Conv0004
極楽平より三ノ沢岳      空木岳方面
Conv0005 Conv0006
登山道より木曽駒ケ岳方面 三ノ沢岳山頂

2018年8月28日 (火)

両俣小屋へ行って来ました

8月27日(月)ー28日(火) 1泊2日
癒しの山小屋へ避暑を求めて行って来ました。
30人程泊まれる小屋は満杯でした。釣り客が多いようでした。
管理人の星さん始め、従業員も親切で、料理も美味しく、期待どおり満足のひとときを過ごすことが出来ました。

野呂川出合バス停から両俣小屋まで3時間半、帰り3時間。

Conv0015 Conv0016
野呂川林道よりアサヨ峰  大仙丈沢
Conv0018 Conv0017
両俣小屋

2018年8月21日 (火)

千畳敷から西駒山荘へ

8月19日(日)ー20日(月) 1泊2日
久しぶりに西駒山荘へ泊まるために行って来ました。
新しくなった山荘へ泊まるのは今回で2回目です。
千畳敷、木曽駒ケ岳は凄い人で混雑していましたが、小屋は11人の泊り客でゆっくり出来ました。
管理人の宮下さんのギターの伴奏で、皆んなで山の歌を歌い楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
この小屋は管理人のカレーが名物で、夏でも混雑していなくて、ゆっくり出来るのでリピーターが多いようです。
「行き」千畳敷ー乗越浄土ー木曽駒頂上山荘ー馬の背ー将基頭山ー西駒山荘 3時間半
「帰り」西駒山荘ー濃ケ池ー駒飼ノ池ー乗越浄土ー千畳敷 3時間

「写真」
Conv0002 Conv0001
千畳敷             宝剣岳
Conv0003 Conv0004
乗越浄土より南アルプス  御獄山
Conv0005 Conv0006
聖職の碑            将棋頭山より西駒山荘
Conv0007 Conv0008
将棋頭山山頂        将棋の頭より朝の西駒山荘
Conv0009 Conv0010
夕焼けの御獄山       朝の南アルプス
Conv0011 Conv0012
濃ケ池             ミヤマアケボノソウ
Conv0013 Conv0014_2
千畳敷のお花畑

2018年7月17日 (火)

爺ヶ岳へ行って来ました

7月13日(金)ー14(土) 2泊3日 小屋泊

集中豪雨の後の晴間を利用して行って来ました。
心配していた、道路や登山道もそんなに荒れていませんでした。
扇沢登山口の駐車場は満車状態でしたが、なんとか一台停めれるスペースがありました。
久しぶりの本格的登山で足を心配しましたが、なんとか登れました。
天候にも恵まれ、花もコバイケイソウ、シナノキンバイ、シャクナゲ等、丁度最盛期で良かったです。
種池山荘の小屋も、連休前で余り混んでいなくて快適に過ごせました。
土曜日凄く混んだと思います。土曜日の午前中に下って来ましたが、登りの登山者が途切れなく登って来ました。
爺ヶ岳だけなら日帰りでも登れますが、小屋泊まりでゆっくり出来て良かったです。
「行程」
扇沢登山口(3時間50分)種池山荘(2時間)爺ヶ岳中峰(1時間20分)種池山荘(2時間45分)扇沢登山口
「写真」
Conv0015 Conv0001
種池山荘            夕暮れの剱岳
Conv0004 Conv0003
種池山荘と立山連邦     爺ヶ岳より剱岳 
Conv0006 Conv0005
針ノ木岳             槍ヶ岳方面
Conv0007 Conv0009
爺ヶ岳南峰山頂        爺ヶ岳中峰山頂
Conv0010 Conv0011
爺ヶ岳中峰より鹿島槍ヶ岳 針ノ木岳
Conv0012 Conv0014
爺ヶ岳中峰より北峰     種池山荘より蓮華岳、針ノ木岳

2018年5月26日 (土)

佐渡ドンデン山からアオネバ渓谷へ

5月22日から24日 2泊3日
高山植物を期待して行って来ましたが、シラネアオイ、カタクリは10日位遅かった。
ドンデン山荘まで車が入るので、登り下りは少なく、トレッキングは楽だった。
自家用車での2泊3日だったので余裕があり、佐渡島の観光を兼ねてゆっくり楽しむことができた。
「行程」
5/22(火)晴 松川IC(高速道4:00)直江津港(フェリー1:40)小木港(長谷寺、トキの森公園3:30)両津(泊)
5/23(水)曇 両津(車0:35)ドンデン山荘(0:45)ドンデン池(0:30)金北山縦走路入口(0:20)アオネバ十字路(0:40)マトネ(0:30)アオネバ十字路(1:00)アオネバ登山口(車0:15)両津(車2:00)相川(泊)
5/24(木)晴 相川(佐和田2:00)小木港(フェリー1:40)直江津港(0:15)上越IC(3:00)松川IC
「写真」
Conv0002 Conv0001
ドンデン山荘          ドンデン山荘より両津方面
Conv0003 Conv0004
金北山方面          ドンデン山
Conv0005 Conv0006
ドンデン山山頂        ドンデン山よりドンデン池方面
Conv0007 Conv0008
ドンデン池           ドンデン高原より両津方面
Conv0010 Conv0009
マトネ              マトネより金北山方面

2018年4月21日 (土)

戸倉山(伊那)へ行って来ました

4月21日(土)晴
この時期にしては暖かな好転に恵まれ、登山者も多勢登っていました。
静岡、中京方面の登山者が多かった。
里は芽吹き真っ盛りでしたが、山はまだで、5月の連休過ぎ頃が良いと思います。
キャンプ場から登り2時間、下り1時間。

Conv0013 Conv0014
西峰山頂
Conv0007 Conv0008
西峰より中央アルプス    乗鞍岳、経ヶ岳
Conv0009 Conv0010
南アルプス赤石岳方面   聖岳方面
Conv0011 Conv0012
東峰より北岳、間ノ岳    鋸岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳

2018年3月25日 (日)

中央アルプス千畳敷へ行って来ました

3月25日(日)快晴
天気予報見て今日は安定した天気になることを予想して行って来ました。
予想通り快晴、無風の最高の天気でした。
日曜日で登山者も大勢で、朝一番のバスは出発の30分位前に行ったが、バス3台待でようやく乗れました。
千畳敷では殆んどの人が浄土乗越の方への登山者でした。自分も行きたかったが、まだ足が不安でしたので、残念でしたが止めました。
ロープウエイは4月2日から7日までロープウエイ点検のため運休になります。

Conv0001 Conv0004
千畳敷
Conv0002 Conv0003
極楽平への登山者      千畳敷ホテル
Conv0006 Conv0005
極楽平方面          千畳敷ホテル前より

2018年2月17日 (土)

不動滝(高森町)へ行って来ました

2月14日晴
連日厳しい冷え込みが続いたので、全面凍結を期待して行きましたが、全面凍結はしていませんでした。
不動滝までの林道は雪が掻かれていたので、歩きには楽でした。不動滝入口から1時間位歩きます。道は凍っているので、軽アイゼンを着けて歩くと良いと思います。
不動滝まで不動滝入口から往復2時間。

Conv0007 Conv0004

Conv0003_2 Conv0001_2

2018年2月10日 (土)

富士見台パノラマ展望台へ

2月9日(金)晴
ヘブンスそのはらスキー場から富士見台パノラマ展望台へ行って来ました。
快晴、無風の良い天気に恵まれスノートレッキングには最高の日でした。スッキリ晴れて中央アルプス、南アルプス、御獄山、乗鞍岳もハッキリ見えて展望も最高でした。
富士見台まで行きたかったのですが、まだ、足に不安があり残念ですが止めました。
平日のため、3組6名しか会いませんでした。
積雪は少なく、林道は踏み固められているので、スノーシュー履かなくても歩けました。
スキー場展望台からパノラマ展望台まで、登り1時間15分、下り1時間10分

Conv0001 Conv0008
スキー場展望台より     レクレーションの森
Conv0007 Conv0002
樹氷(林道にて)       パノラマ展望台
Conv0003 Conv0004
パノラマ展望台より中央アルプス、 南アルプス
Conv0005 Conv0006
恵那山             富士見台、中央アルプス

2018年1月21日 (日)

笠松山へ行って来ました

1月20日(土)晴
足を痛めて山へ登れませんでしたが、大分良くなったので久しぶりに山へ行って来ました。
今年はまだ降雪が少なく雪は頂上付近の日陰に有る程度で殆どありませんでした。
暖かく風も無く山登りには快適な日でした。
久しぶりに登ったので、足にはまだ不安が有りました。少しずつ馴らして早く山へ登れるようになればと思っています。
梅ケ久保から 登り1時間30分、下り1時間

Conv0013 Conv0014
笠松山山頂          山頂の33番観音

Conv0015 Conv0016_2
山頂より南アルプス方面  山頂より中央アルプス方面 

«紅葉の乗鞍岳へ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

掲示板

伊那谷の山情報

東海自然歩道情報

最近のトラックバック